1. 男女共同参画推進センタートップ
  2. 第1期みはるかす研究員辞令交付式/みはるかす研究員 制度 スタート

第1期みはるかす研究員辞令交付式/みはるかす研究員 制度 スタート

開催報告

みはるかす研究員 辞令交付式

日時:平成25年10月1日(火)14:15~14:45
会場:横浜国立大学 経営学部1号館 8 階 第4会議室
内容:みはるかす研究員採用に対する辞令交付、写真撮影など
参加者:みはるかす研究員内定者4名、本学役員等関係者
miharukasu_repo20131001

 出産、育児、介護などで研究を中断したものの、研究の再開を希望する優れた女性研究者を短時間勤務の非常勤研究員として採用し、研究時間を確保して次のステップへ進めるよう支援することを目的とした本学独自の「みはるかす研究員制度」が、本年7月に正式に発足しました。
この制度の目的は、研究の再開を希望する優れた女性研究者に研究時間と研究の場を提供して次のステップへ進めるよう支援することです。
「みはるかす」は若者たちが新しい時代を創り出す夢と希望を歌っている本学の学生歌「みはるかす」からとったのもので、女性研究者が未来をみはるかして進んでほしいとの願いから命名しました。
第1回の募集が7月下旬から1ヶ月の間に行われ、書類選考と面接によって応募者の中から以下の4名の方々が、第一期(任期:平成25年10月1日~26年3月31日)の「みはるかす研究員」として採用され、10月1日に山田センター長から辞令が交付されました。
 この若手研究者たちは、週10時間以内の雇用で、本学の受け入れ教員の指導の下に、次のステップにつなげるための研究をします。「みはるかす研究員」に皆様の暖かい励ましをお願いできれば幸いです。

Press Release  「みはるかす研究員」制度スタート

~女性研究者の再チャレンジを支援する独自制度を新たに導入~

●横浜国立大学(学長:鈴木邦雄)は、10月1日(火)に子育てなどのライフイベントにより研究中断を余儀なくされた女性研究者を、短時間勤務の非常勤教員「みはるかす研究員」として公募により4名採用し、女性研究者の再チャレンジ支援制度をスタートさせます。

●この制度の目的は、研究の再開を希望する優れた女性研究者に研究時間と研究の場を提供して次のステップへ進めるよう支援することです。「みはるかす」は若者たちが新しい時代を創り出す夢と希望を歌っている本学の学生歌「みはるかす」からとったのもので、女性研究者が未来をみはるかして進んでほしいとの願いから命名しました。

●本学では、男女共同参画の重要性が高まるなか、平成25年4月に教育研究機能を備えた「男女共同参画推進センター」を設立し、学内および地域と連携しながら様々な取り組みを進めており、今回の「みはるかす研究員」制度の導入もその一環であり、本学独自の制度です。

詳しくは、詳細資料をご覧下さい。

問い合わせ担当先

横浜国立大学 男女共同参画推進センター  コーディネーター中村栄子、鈴木紀子 TEL:045-339-3234

メールアドレス:sankakuynu.ac.jp


ページの先頭へ