1. 男女共同参画推進センタートップ
  2. 8/2(土)・3(日) オープンキャンパス開催

8/2(土)・3(日) オープンキャンパス開催

開催報告

 男女共同参画推進センター(以下、さんかくセンター)では、昨年度に続き今年度もオープンキャンパスに参加しました。
「理系女性研究者による、自身の研究内容とキャリアの紹介&女性研究者・女子学生との座談会」として、2日は西尾真由子准教授(都市イノベーション研究院)が「橋の揺れは科学になる」、3日は一柳優子准教授(工学研究院)が「物理と医学とナノテクノロジー」というテーマでお話をされました。
 お二人はご自身の中高校生時代から研究者になるまでのご経験を交え、研究内容をとても分かりやすく説明して下さり、それらの内容は高校生たちが目を輝かせて聞く興味深いものでした。
 後半の座談会は、国際社会科学研究院の椛島洋美教授の司会により、2日は西尾先生、みはるかす研究員、都市イノベーション学府の院生、3日は一柳先生、国際社会科学府と環境情報学府の各院生で行われました。会場との質疑応答のほか、椛島先生から「研究者として一番大事なものは何ですか」「挫折したときの対処法は?」などの質問が出され、それぞれ「体力です」「気分転換です」などの答えが返ってきました。
 また、会場には、本学の女性研究者・女子院生の研究紹介や研究成果のポスターが貼られ、高校生や保護者などが立止まって読んだり、催しに協力してくれた女子院生たちが高校生からの個別質問に熱心に答えたりしていました。
 来場者には、本学女性研究者の研究紹介と学部、大学院(工学府、環境情報学府)の卒業生・修了生の進路などを記載した資料集を手渡しました。このような内容により、来場者は昨年度を上回る400名超となりました。お話をいただいた西尾先生、一柳先生、2日にわたり座談会の司会をして下さった椛島先生をはじめ、ご協力いただいた女子大学院生、広報・渉外課、入試課、理工学系大学院等入試係の皆様に感謝申し上げます。

開催概要

オープンキャンパス2014

女性研究者による自身の研究内容とキャリアの紹介&女性研究者・女子学生との座談会

日時:平成26年8月2日(土)・3(日) 10:00-15:00
会場:理工学部講義棟B(S5-8)202教室
※理工学部の説明が行われる講義棟の近くです。ぜひイベントの合間にお立ち寄りください。


ページの先頭へ